いっしーのやさいの森プロジェクト


記事の内容

前へ | 次へ

農業複合施設〜kasugai〜に掛ける思いA
2009/12/22 22:59

その大きな建物をkasugai(かすがい)と名づけました。

佐久市春日(かすが)という地域に根ざし、
「都会の人」と「地域の人」と「農に携わる若者たち」などをつなぐ働きを持つ、
いわば「かすがい」のような存在になってくれればとの思いからです。

kasugaiは長期滞在者がプライバシーを確保できる個室(4部屋)、
短期滞在者が交流を深めることのできるドミトリー(2部屋)、
家族連れの利用に適したゲストルーム(1部屋)を備えます。

またkasugaiの一角には直売コーナーを造って、
春日温泉に来たお客さん等が気軽に立ち寄れる、
無農薬野菜&体験型直売所にする予定。

これから地元の大工さんとタッグを組んで、
プロにお願いする部分と自分たちでやっていける部分を分けて1月から手をつけていく予定です。
(進行状況は追って報告します。)
4月上旬位までにはそれなりに形にしておきたい所です。
泊まり部屋を一部屋確保したら、家づくりボランティアの募集をかけようか。

またこれを機に家づくりの技術も蓄積していきたいですね。
春夏秋の農作業、冬の家づくりという風に、季節に応じて仕事を分け、
毎年毎年メンバーの家を自作していくと、できるだけお金をかけない持続可能な暮らしに近づきます。

オーストラリアのような大規模なパーマカルチャーは無理だけど、
地域という単位で仲間と一緒に少しずつパーマカルチャー的暮らしに近づけていくことはできる。

「自然と共に生きる知恵ある暮らし」の技術をストックして体系づけられたら面白いだろうな。

カテゴリ:農業複合施設〜kasugai〜

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ