< 2010年01月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2010年03月 >
ホーム  > アーカイブ > 2010年02月

Archive list

2010/02Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の冬の仕事

昨日、2/9(火)は長野県青年農業者プロジェクト活動コンクールというものがありまして、
私も意見発表してきました。

結果は優秀賞でした。ありがとうございました。

私はもともと人前で発表することに苦手意識があって、
あまりそういう場には参加したくないと思っていたのですが、
本人が好むと好まざると、ここの所、発表を依頼されることが増えてきています。

次はあさって、新規就農希望者向けのアグリターンという県のイベントで新規就農の体験談を発表することになりました。昨日の意見発表が約7分という短時間だったのに対し、今度は一時間半の長丁場です。

話だけで持たせるのは至難の技なので、スライドを用意するんですが、どうやって話を膨らませるか、どうやって飽きさせずに話しに興味を持っていただくか、そこは工夫のしどころです。

これからの構想として、夏は農業体験等で学生たちを受け入れてゆきたいと思っています。
その時は彼らにいかにして農業の大切さ、魅力を効果的に伝えていけるか、自分の仕事の一つだと思っています。
もう苦手とばかり言わず、こういう機会を活用してプレゼン能力を伸ばして行きたいです。

それにしても忙しすぎる今年の冬。
もう「冬=農閑期」の式は成り立ちませんね。
スポンサーサイト

えいっこ祭りに参加

先日、2/7(日)は「えいっこ祭り」に参加して、そばをいただいてきました。

近くの地区に、荒れた減反の田んぼを活用してそばを育てる有志「えいっこの会」があります。

その収穫を年間数回行われる「えいっこ祭り」でそばとしてふるまい、訪れる人に分ち合います。

会場は多くの人で賑わっていました。

もうこの活動が13年も続いているというのは素晴らしいですね。

事務局長さんに「やさいの森」の紹介をしたら、興味を持っていただきました。

「えいっこの会」は年配の方中心、「やさいの森」は若者たちが中心。
お互いの特徴を活かしあって何らかの形で提携できたら楽しくなりそうですね。


十割そば

地元の有志でそばを打っています

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。