< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > カテゴリ > 農業複合施設~kasugai~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kasugaiの動画

お楽しみ様です!
いっしーです。

最近デジカメを新調しまして、動画を撮ってみました。

4月8日現在のkasugaiの様子です。

アップしてみます。初めての試みなのでうまくいくかどうか。。。






おっ、うまくいったかな。

2F部分の防火壁が一通り完成した様子やkasugaiからの景色がご覧いただけるかと思います。

ちなみに撮影はT君です。

私も一応解説付のものを撮ったのですが、不慣れでカメラの動きが早く、
見てたら自分自身が酔っちゃいましたので、今回はアップしません。
今度また撮りなおしますね。


畑の方も順調に進んでおります。
今日はサラダカブ、ルッコラ、赤からし菜などの種をまきました。

晴れ間が続いている間に一気に作業を進めてゆきたいと思います。


スポンサーサイト

一つの正念場

おはようございます。いっしーです!

ここの所、Kasugaiに関する記事は、しばらく書いてなかったので、ちょっとご報告を。

ひとまず、筋交い、金具などを使った補強工事は終わろうとしています。これは大工のTさんたちにお願いしていました。

そしてこれからの工事や手続きの進め方・流れは、設計士さんと行政と私の三者の打ち合わせで、およその方向性が定まりました。(文章にするとたったこれだけですが、実はこれも話を通すのにけっこう頭をひねったんですよ。)


前にも少し触れましたが、Kasugaiがその本来の目的どおりの機能-スタッフの宿泊、農家民宿、直売所、等-を発揮するためには、法的にクリアしないといけないいくつかのハードルがあります。

実は今、その内一つの正念場をむかえています。

あの未完成の建物が本当にKasugaiになれるかどうかの試練です。

簡単に言うと、接道要件を満たすために、3名の方の土地を借りる必要があるのです。

土地は利害関係があるために、進めていくのは難しいという話を事前に何人の方からも聞きました。
でもやるしかないのです!

自己紹介と建物の使用目的そして私の思いを精一杯込めたチラシを作りました。
そしてあとはご理解いただけるよう自ら出向いて真摯に説明させていただくだけです。

Kasugaiのためならやってみせますとも!









それはそうと今日から、昨夏ボラバイトで来ていたせっちゃんが、東京から遊び&手伝いに来てくれます。
それがまた、素直でいい子なんですよ!
忘年会以来です。楽しみ♪



強度を優先させるために、窓をふさいでダブルの筋交いを。
ここ15年で建築基準法も大きく変わりました。(ヒント、姉歯氏)

地を鎮める祭り

こんばんは!いっしーです。

今日は地を鎮める祭り、地鎮祭を行いました。


これまでいくつかのすてきな偶然と、計画的な実行の積み重ねがあり、

私達は今回~kasugai~にご縁をいただいたわけです。

でもそれは全体の内、自分の知っているほんの限られた部分の話です。

その過去・背景には、見えない所で、色々な人の色々な思いやストーリーがあったんですよね。

土地も建物も自分達だけの物ではありません。

大切にしていこう。



神聖な儀式を通して、そのことに気づかせていただきました。


ご報告

昨日無事、正式に~kasugai~の不動産売買契約を済ませました。

これでやっとスタート地点に立てました!


一瞬ほっとしましたが、その一方また新たな課題も…

特別な用途の大きな建物を扱うには、建築基準法的にも色々とハードルが高いですね。


一つのチャレンジをクリアするとまた次のチャレンジが…何か人生の縮図のようですね。

だから面白いとも言える。

気を引き締めて、やれることを一つずつ、確実にこなして行きたいと思います。


着工迫る!

こんばんは!いっしーです。


Xデーがいよいよ近づいてきました。

昨年暮れ、近代化資金の融資が本決定しました。

その後、不動産屋との打ち合わせ、農協との打ち合わせ、工務店との打ち合わせなど、
色々とありましたが、それも着々とこなしてきました。

そしていよいよあさって15日(金)には、kasugaiの土地と建物購入の本契約となります。



…思い返せば、2年10ヶ月ほど前、ふとした偶然がきっかけで見つけた物件~kasugai~

春日温泉のすぐ近く、一般住宅にしては大きすぎる建物。
南に蓼科山を望み、耳を澄ませば裏に流れる小川のせせらぎが聞こえます。
周囲には遊休農地がたくさんあり、まさに私の考える農業の拠点として最高の物件でした。

色んな夢を思い浮かべ、
たくさんの人にその夢を語ってきました。

時には、あまりにかけ離れた現実に、諦めかけたこともあります。

でも今だから言えることですが、周りに夢を語れる仲間がいてくれたおかげで、
夢の力の方が上回ったんだと思います。

契約が迫り、感慨もひとしおです。


先の所有者が途中で計画を中断したという経緯もあるので、色々な方のアドバイスをもとに、
着工前にはきちんと地鎮祭も行いたいと思います。


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。