< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉へ

どうも、いっしーです。

今日は佐久ゆうきの会の関係で仲間と一緒に埼玉に行ってきました。

目的は取引先であるG社との打ち合わせ。



佐久からおよそ2時間余りでG社に着き、

まず午前中は、パック詰め・箱詰めのラインを見せてもらいました。


何十人もいるパートのおばちゃんお姉さんたちの動きは、職人そのものでしたね。

袋詰めの段取り、動き方などとても参考になり、いい刺激になりました。
この方々がいてくれるからこそ、野菜も出荷できているんですよね。
感謝です!

(昔、農業やる前に生活費・資金を貯めるために、工場勤務していた時のことが懐かしく思いだされました。この雰囲気って何気に好きです。)



見よ、この職人業を!



そして午後は肝心の作付の打ち合わせ。

いんげんの出荷数量に関しては、思い通りの数字というまでは行かなかったけれど、例年並かちょっとそれに上乗せした数字が出てまずは一安心。


夏には取りきれないほどのいんげんを実らせたいな。

そしてやさいの森の仲間や農業体験に来てくれた人みんなで、これでもかと言うほどのいんげんを取りまくり、汗かきながら収穫の恵みを分ち合いたい!
(物は言い様ですかね!?)



どの畑にするか?どの品種にするか?施肥設計はどうする?播種のタイミングは?などなど考える楽しみは尽きません。
この作付前特有のワクワク感って農業をやる人に与えられた特権なんでしょうね。

春前に一度頭の中で創造した世界が、半年もしないうちに今度は現場の結果として現れる。
そこには人間のできることばかりではなく自然や運などの不測因子も絡んできます。
そういう意味で、農業とはとてもスリリングかつエキサイティングな仕事です。

自分としては、人間のできる部分に焦点を合わせ、できるだけ不測因子に左右されないしくみを作ることでしょうか。
土作りにしてもそう。
例えば、どうやって日照不足、大雨により影響を受けにくい状況にもっていくか。
畝の高さは?どの堆肥?土のC/Nを高めるには?木酢液は?水はけを良くするには?ミネラルをどう施用するか?などなどなど、やれることは沢山あります。
とても奥が深く、重要かつやりがいのある課題です。

またそうは言うものの、もっと大きな世界の話で言えば、人間のできることはごく一部で、そういう意味では、いかに自然に逆らわないで、自然に調和していくかという視点を大切にしていきたいとも思います。

その考えを形にしたものこそがパーマカルチャーなんですよね。


おっと、話が尽きなくなりそうなのでこの辺で…






ところで、分からないなりにブログのレイアウトなどを、色々といじってみました。

左上にやさいの森の伝言板を設置し、あと写真が一つの画面で見れるようになりました。

少しずつ内容を充実させていけたらと思います。




今日も読んでいただきありがとうございました。


出荷先と就職先

お楽しみ様です!

いっしーです。

先日のフォトコンテストでは、多くの方に投票して頂きました。

私からもこの場を借りて御礼申し上げます。

みなさん、ありがとうございました!

これからもこちらの状況をお伝えする方法の一つとして、
畑を彩る野菜の花や果実など、その時々のテーマを決めて、年間数回、
その時のメンバーによるブログ上でのフォトコンテストを開催できたらと思います。

その時はまた投票よろしくお願いしますね。


優勝者せっちゃんは、去年の夏に2週間ほどボラバイトで手伝いに来てくれた、
とっても人懐っこい高校3年生です。
今回は卒業前でちょうど時間が空いているタイミングで遊びに来てくれました。

実は偶然なんですが、うちの野菜の出荷先の一つY社にせっちゃんは就職することが決まっています。
こんな所でもつながってるって嬉しいですね。

せっちゃん、これからもよろしくね~




優勝者 発表!

こんにちは☆

しまちゃんです。


沢山のコメントありがとうございました~!


氷柱の醸し出す神秘的な光景を伝えたくて、コンテストというカタチをとりました。

写真だけでは、伝えきれない部分がまだまだ‥い~っぱいあるんです。

是非皆さんにも、直接見て頂きたいですね!



今回の結果は、下記の通りです。

作品番号1番(いっしー)  氷の窓 1票

    2番(いっしー)  氷筍  2票

    3番(いっしー)  kasugaiを眺める氷の住人達 1票
    
    4番(しまちゃん) Blue Ice 0票

    5番(しまちゃん) アイスクリスタル 1票

    6番(せっちゃん) The 寅年 3票

    7番(せっちゃん) 「宝石箱や~」 1票


3票獲得した作品が優勝ということで、

せっちゃんの「The 寅年」に決まりました!!


これにて、投票を締め切らせて頂きます。

ありがとうございました。



ちなみに、

優勝者と『ちゃたまや』の激旨スイーツを食べに行く事になりました☆



やったね!!せっちゃん!

Wシュー GETだぁ♪








氷の祭典、フォトコンテスト開催!

お楽しみ様です!いっしーです。

今日はせっちゃんが遊びに来てますよ~

昼間、いっしー、しまちゃん、せっちゃんの三人で、Kasugaiの裏手にある氷柱群を見に行きました。

ここの所の暖かな陽気で、氷柱は一部溶け始め、それによって、氷の壁の裏側に侵入できるようになりました。

入ってみれば、そこに広がるアイスワールド!

思わず三人で、写真を撮りまくってしまいました。

そこで突然ですが、フォトコンテストを開きたいと思います!

ノミネート作品は7点、さてどの写真が最優秀作品になるでしょうか?

採点はこの記事をご覧になった皆さんのコメントによって決めたいと思います。
これはと思う作品の番号を投票下さいませ。
(3票先取した作品が優勝とします。)




CIMG3261.jpg
 ノミネート作品1 「氷の窓」


CIMG3274.jpg ノミネート作品2 「氷筍」

CIMG3279.jpg ノミネート作品3 「Kasugaiを眺める氷の住人達」

P1010598.jpg ノミネート作品4 「Blue Ice」

P1010611.jpg ノミネート作品5 「アイス・クリスタル」

DVC00003.jpg ノミネート作品6 「The寅年」       

DVC00002.jpg ノミネート作品7 「宝石箱やぁ~」



(3人より)「みなさんのコメントおまちしてま~す♪」


一つの正念場

おはようございます。いっしーです!

ここの所、Kasugaiに関する記事は、しばらく書いてなかったので、ちょっとご報告を。

ひとまず、筋交い、金具などを使った補強工事は終わろうとしています。これは大工のTさんたちにお願いしていました。

そしてこれからの工事や手続きの進め方・流れは、設計士さんと行政と私の三者の打ち合わせで、およその方向性が定まりました。(文章にするとたったこれだけですが、実はこれも話を通すのにけっこう頭をひねったんですよ。)


前にも少し触れましたが、Kasugaiがその本来の目的どおりの機能-スタッフの宿泊、農家民宿、直売所、等-を発揮するためには、法的にクリアしないといけないいくつかのハードルがあります。

実は今、その内一つの正念場をむかえています。

あの未完成の建物が本当にKasugaiになれるかどうかの試練です。

簡単に言うと、接道要件を満たすために、3名の方の土地を借りる必要があるのです。

土地は利害関係があるために、進めていくのは難しいという話を事前に何人の方からも聞きました。
でもやるしかないのです!

自己紹介と建物の使用目的そして私の思いを精一杯込めたチラシを作りました。
そしてあとはご理解いただけるよう自ら出向いて真摯に説明させていただくだけです。

Kasugaiのためならやってみせますとも!









それはそうと今日から、昨夏ボラバイトで来ていたせっちゃんが、東京から遊び&手伝いに来てくれます。
それがまた、素直でいい子なんですよ!
忘年会以来です。楽しみ♪



強度を優先させるために、窓をふさいでダブルの筋交いを。
ここ15年で建築基準法も大きく変わりました。(ヒント、姉歯氏)

▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。